゜+.(・∀・)゜+.゜ 桜ん坊の脳内開示情報ー!

信州伊那谷情報発信基地 \(・∀・)/キチキチ
このブログは伊那市近辺の食事処めもー!店評の更新日記も兼ねています。

ブログ内検索+G

最近の記事


記事の分類

(・∀・) 食事処めも更新情報ー!
主にお酒を愉しむ集まり
伊那市でグルメ \(・∀・)/
伊那市高遠町+長谷でグルメ
南箕輪村でグルメ
箕輪町+辰野町でグルメ
駒ヶ根市+宮田村でグルメ
飯島町+中川村でグルメ
◇ 飯田市+下伊那エリアでグルメ
◇ 諏訪市/郡+茅野/岡谷市でグルメ
◇ 木曽エリアでグルメ
◇ 塩尻市でグルメ
◇ 松本市でグルメ
◇ 長野市でグルメ
◇ 長野県内その他の地域でグルメ
◆ 茨城県でグルメ
◆ 東京都でグルメ
◆ 新潟県(佐渡島など)でグルメ
◆ 沖縄県でグルメ
◆ 北海道でグルメ
◆ 鹿児島県(与論島など)でグルメ
◆ 京都府でグルメ
◇ 関東+甲信越地方でグルメ
◇ 東海+近畿地方でグルメ
◇ 北陸地方でグルメ
(・∀・) 桜ん坊家のこと!
子にまつわること
我が家の食卓とか
呑んだお酒だとか
家庭菜園+土いじり+庭造り
住まいのこと(2012/3-)
買った物や家計なこと
結婚まで。
ダンボーと一緒
つばめたち
まなゆき
(・∀・) 桜ん坊家の外歩き!
風光(空や雲や花や)
観桜(かんおう)
紅葉見(もみじみ)
旅の記憶
花火+イルミ
手しごとのイベント
木曽谷
ほか、催しやお出掛け
(・∀・) 桜ん坊のログと思惟!
本+コミック+映画
気になる音と歌詞
いがった動画
健康と体育
カメラと撮影
(・∀・) 桜ん坊用めもとコピペ!
蕎麦用語と近隣ニュース
情報技術関連情報
スパムメールや困った電話など
(・∀・) 伊那に我が家が建たるまで!
住宅見学会や工務店+HM のこと
土地や不動産、その他登記のこと
実際の建築関連くさぐさ
内装とか住設とか
外装(外壁や屋根、玄関など)や外構
お金にまつわること(住宅ローンが主)
引っ越しと関連作業
施主の個人情報漏洩
その他、新築の備忘録や戯れ言
このブログや食事処めもについて
アクセス解析

月ごとの分類


自己リンクまん

その他


[慢性アルコール筋症] 酒と筋力トレーニング(健康体力NEWS) [急性アルコール筋症]

 この原稿を書いている今は,桜が満開です。週末にはあちこちで酒宴が催されることでしょう。花と酒なくしては,おそらく人生味気なくなってしまうでしょうし,日頃トレーニングとダイエットに取り組んでいる諸氏も,「酒は別物」と決めているかもしれません。さまざまなスポーツの名選手にも,酒にまつわる逸話がつきものです。私自身はあまり酒をたしなむ方ではありませんが,付き合いのあるトップビルダーやトップ選手には,「ザル」のような酒豪も多いように思います。そこで今回は,酒とトレーニングの関係について考えてみましょう。




■酒は健康によいか?

 洋の東西を問わず,酒は太古の昔から文化の必需品となってきました。こうした背景もあり,喫煙が健康の大敵とされているのに対し,飲酒は比較的大目に見られてきた傾向があります。ひとくちに酒といっても,純粋なアルコールに近いものから,薬効のある成分を含む「薬用酒」までさまざまですが,その共通した特徴は,多かれ少なかれアルコール(エタノール)を含むということです。実験室では,組織や細胞を「固定」する,すなわち,形態を保存したまますばやく殺すために70%アルコールをよく用います。このように,アルコールには強い細胞毒性がありますので,飲酒などにより低濃度のアルコールが体内を循環すると,神経系などに急性の変化をもたらし,また解毒中枢である肝臓に慢性の変化をもたらすことになります。一方,適度の飲酒であれば,逆に健康によいとする報告もあります。Liao ら(2000)は,アメリカ人男女(40歳以上,約4万人)を6年間追跡調査し,1日1回飲酒する人の方が,飲酒しない人に比べて死亡率が低かったと報告しています。その理由については不明ですが,少量のアルコールが,血小板の機能やフィブリノーゲンの生成などを低下させることにより,動脈硬化のリスクを低減するためと考えられています。また,フランス人では,ワインの摂取量と虚血性心疾患による死亡率が負の相関を示します。これは,「フレンチパラドックス」として知られ,赤ワインに含まれるポリフェノールが強い抗酸化作用をもつためと解釈されています。

■大酒は即座に筋を破壊する

 上記はあくまでも少量のアルコールの話しですので,安心はできません。実は,古くから,痛飲がたちまち筋を破壊することが知られていて,「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼ばれています。この場合,筋力低下とともに,筋痛,血中へのミオグロビンの溶出,筋線維(特に速筋線維)の部分的壊死などが起こると報告されています(Langら,2001)。特に飲酒にまだ慣れていない若い頃,痛飲後に著しく筋力が低下したという経験をお持ちの方も多いかもしれません。心筋でも同様のことが起こるとされています。はげしいトレーニングによっても筋線維の微小な損傷が一時的に起こり,この場合には修復機構の活性化によって筋がさらに強化されると考えられます。しかし,アルコールによる筋症の場合には,筋のタンパク合成自体が著しく低下してしまうため,トレーニングと同様の効果(超回復効果)は期待できません。

■毎日の酒も筋を破壊する

 酒を長期にわたって常飲した場合はどうでしょうか。この場合には,次第に筋力が低下し,筋が萎縮するという症状が現れることが知られていて,「慢性アルコール筋症」と呼ぶことができます。筋力の低下は,それまでの総アルコール摂取量にきれいに比例するようです(Kiesslingら,1975)。実際,アルコール中毒患者はやせていて,筋力がきわめて低いのが一般的です。この場合,一回の飲酒による筋ダメージというよりは,成長ホルモンやインスリン様成長因子(IGF-I)の分泌低下が主要因となると考えられています。Langら(2001)は,ラットにアルコールを含む餌を16週間与え続けたところ,血中 IGF-I 濃度と骨格筋のタンパク合成量がともに約40%低下したと報告しています。

■アルコールの代謝との関連

 摂取したアルコールは,肝臓でアルコール脱水素酵素によって酢酸とアセトアルデヒドに分解されます。上記の急性および慢性の筋症は,これらの分解産物が原因ではなく,アルコールそのものが原因であることが確かめられています。アルコール脱水素酵素の活性は遺伝の影響を受けていて,日本人は欧米人に比べ低活性型が圧倒的に多く,そのために酒に弱い人が多いとされています。したがって,やはり「酒に強くない」と自認される方ほど要注意といえます。

■どれくらいが適量か?

 急性,慢性の筋症ともに,アルコールの摂取量を減らせば,回復に向かいます。それでは,毎日楽しんでも筋に悪影響を与えず,健康にもよい適量はどのくらいでしょうか。欧米の研究では,1日あたりエタノール60g 相当とされています。ビールでは1日約1.2 l (2本),ウイスキーでは約 150 ml(ボトル1/5)くらいでしょう。ただし,これは「弱くない人」のための基準で,日本人では,一般にこの半分程度とされています。左党には少々悲しい数字かも知れませんが,サプリメントに払う注意を,ほんの少し酒にも払ってみてはいかがでしょう。

- http://www.kentai.co.jp/column/physiology/152.html -



※ 2009/4/10、これ石井直方先生(東京大学大学院教授)の記事だったのだけど、リンク先に記事がなくなってるね。


- - - - - - 健康と体育 のほかの記事(任意抽出) - - - - - -

有酸素運動、休止中
[秋の花粉症] ふかさわ耳鼻咽喉科 - 2011/9/14(水)
高反発マットレス 硬さ180ニュートン(ottostyle.jp)
[YouTube] ボディビルダーのワークアウト(国内)
水泳習得の進捗報告 - 20090313
ベンチプレスと腕
歯のメンテ 2009(宮下歯科医院)

  1. 記事の分類 - 健康と体育
  2. |投稿日 - 1990/06/11(月)

<< [アルコール] 休肝日 [肝臓]ホームテスト、投稿写真のサイズとか >>








゜+.゜ホーム ゜+.゜