゜+.(・∀・)゜+.゜ 桜ん坊の脳内開示情報ー!

信州伊那谷情報発信基地 \(・∀・)/キチキチ
このブログは伊那市近辺の食事処めもー!店評の更新日記も兼ねています。

ブログ内検索+G

最近の記事


記事の分類

(・∀・) 食事処めも更新情報ー!
主にお酒を愉しむ集まり
伊那市でグルメ \(・∀・)/
伊那市高遠町+長谷でグルメ
南箕輪村でグルメ
箕輪町+辰野町でグルメ
駒ヶ根市+宮田村でグルメ
飯島町+中川村でグルメ
◇ 飯田市+下伊那エリアでグルメ
◇ 諏訪市/郡+茅野/岡谷市でグルメ
◇ 木曽エリアでグルメ
◇ 塩尻市でグルメ
◇ 松本市でグルメ
◇ 長野市でグルメ
◇ 長野県内その他の地域でグルメ
◆ 新潟県(佐渡島など)でグルメ
◆ 東京都でグルメ
◆ 茨城県でグルメ
◆ 鹿児島県(与論島など)でグルメ
◆ 沖縄県でグルメ
◆ 京都府でグルメ
◆ 北海道でグルメ
◇ 関東+甲信越地方でグルメ
◇ 北陸地方でグルメ
◇ 東海+近畿地方でグルメ
(・∀・) 桜ん坊家のこと!
子にまつわること
我が家の食卓とか
呑んだお酒だとか
家庭菜園+土いじり+庭造り
住まいのこと(2012/3-)
買った物や家計なこと
結婚まで。
ダンボーと一緒
つばめたち
まなゆき
(・∀・) 桜ん坊家の外歩き!
風光(空や雲や花や)
観桜(かんおう)
紅葉見(もみじみ)
旅の記憶
花火+イルミ
手しごとのイベント
木曽谷
ほか、催しやお出掛け
(・∀・) 桜ん坊のログと思惟!
本+コミック+映画
気になる音と歌詞
いがった動画
健康と体育
カメラと撮影
(・∀・) 桜ん坊用めもとコピペ!
蕎麦用語と近隣ニュース
情報技術関連情報
スパムメールや困った電話など
(・∀・) 伊那に我が家が建たるまで!
住宅見学会や工務店+HM のこと
土地や不動産、その他登記のこと
実際の建築関連くさぐさ
内装とか住設とか
外装(外壁や屋根、玄関など)や外構
お金にまつわること(住宅ローンが主)
引っ越しと関連作業
施主の個人情報漏洩
その他、新築の備忘録や戯れ言
このブログや食事処めもについて
アクセス解析

月ごとの分類


自己リンクまん

その他


[オリーブ油] 木の皿や器の簡単なお手入れ方法 [オイルコーティング]


木の器の手入れ

木の器の手入れ

上の写真は、
最近行った木の皿のメンテナンス中のもの \(・∀・)/

贅沢に荏胡麻油を使ったのだけど、
オリーブ油と沁み込みも乾燥後の質感も撥水もぜんぜん違う。
素晴らしく良い。> 荏胡麻油




★ 簡単なお手入れ方法

準備するもの:
刷毛、木綿布、胡桃油(乾きが早いのは荏胡麻油)

まず、使い始める前の木の器に刷毛でオイルを塗ります。
内側、外側、底と、全体になじませます。

布で油分を拭き取り、一日おいてぬるま湯で流して拭けば完了です。
使う内に艶がなくなってきたら、再度この方法でお手入れをして下さい。


★ 胡桃油について

クルミ(ウオールナット)オイルは、自然食品店や、大きなスーパーでは置いているところがあると思います。僕もそのようなところで買いました。ただ、もともと荏胡麻の実や、クルミの実から絞られたオイルなので、ご家庭で油を絞ってそれを木に塗る方法をオススメします。

まず、20~30センチ角の布を用意していただきます。そこに剥きクルミや荏胡麻の実を一掴みほど入れて、くるんで輪ゴム等で縛ります。 金槌でトントンと布が破れない程度に加減して実を潰します。そうすると布にクルミ油が染み出てきますので、それを木の器に刷り込んでください。油の出方か少ないようなら、またトントンと潰してから刷り込む、という具合にしていただいたらいいと思います。

自然の木の持つ表情を生かすため、木の器は無添加、純正の植物オイル、荏油(えあぶら)と蜜蝋で仕上げてあります。このような仕上げ方法をオイルフィニッシュといいますが、時々木肌にオイルを与えるお手入れが必要となります。

ただ、お手入れといいましてもそれほど面倒なものではありません。使い始めに数回、お手持ちの植物オイルを器に塗っていただくだけで、後はパスタやサラダなどを盛って、どんどんお使いいただくことが、自然にお手入れをしていることになります。

使い始めは木肌も油の吸い込みがよいため、いきなり油ものをのせますと、そこだけに油が吸収されて、シミができることがあります。そこでお使いになる前に、器全体に植物オイル(荏油、胡桃油など)をたっぷりと塗っていただき、余分な油をペーパータオルなどで拭き取ってください。こうすれば油膜によって木の表面が覆われるため、水気のものや、油ものでも安心してお使いいただけるようになります。お手入れ回数は材質にもよりますが、木に油がなじむまで、1~3回、使用前にオイルを塗ってください。その後は、お使いいただきながら自然に仕上げていくことになります。しばらくして、またカサカサした感じが気になってきましたら、その時にもオイルを与えるようにしてください。自然塗料は、科学塗料に比べて固着力が弱いため、ご家庭でのメンテナンスが必要なのです。しかしその分、自然の木の肌触りや色艶を十分にお楽しみいただけるのです。 また、彫り目のある器でなく、平滑な木肌の器の場合は、#320ぐらいのサンドペーパーをかけてから、オイルメンテナンスをしていただくと、さらに艶を増します。

ただしパン皿にお使いいただく場合は、このままでお使いください。飯櫃と同じように、木が余分な水分を吸収する特質を生かすためです。木のパン皿は、トーストの裏側が湯気でふやけたりする事がありません。干菓子など、乾いたものも同様です。


ご使用後は、薄めた洗剤をスポンジにつけ、ぬるま湯でお洗いください。その後、布巾で水分を拭き取って、よく乾燥させてからお仕舞いください。

木は使い込むほどに、美しい色艶と味わいを深めてゆく素材です。使い込まれていくに従い、取り扱いもぐっと楽になります。表面が艶が増してくれば、汁気のものでも平気に使えるようになります。

- http://www.mitaniryuji.com/utsuwa/bowl_t_oil.html -


木の器の手入れ

木の器の手入れ

これらは塗装直後。
うちはこっから一晩置いて、水洗い (「・∀・)「


- - - - - - 手しごとのイベント のほかの記事(任意抽出) - - - - - -

[もみじクラフト] ステンレスの靴べら(Metal NEKO) - 2013/9/7(土)
[クラフトフェア飯田] お茶碗追加(じゅん陶房) - 2015/5/17(日)
[くらふてぃあ] 信楽のお皿(野恵) - 2016/6/4(土)
[もみじクラフト] 楓の木皿 ハート型(木まぐれ)
[くらふてぃあ] 河内風鈴の風鈴 - 2008/6/8(日)
[クラフトフェア飯田] 子のTシャツ(クリスタルグリッターズ) - 2015/5/17(日)
[もみじクラフト] 銀の月のお皿(アトリエベルヴォワル) - 2014/9/6(土)

  1. 記事の分類 - 手しごとのイベント
  2. |投稿日 - 2014/03/12(水)

<< [子] 散歩するぜ!散歩するぜ!ホーム咲来軒(伊那市;豚キムチラーメン) >>



コメント


■ 木のスプーンのお手入れ

ときどきのメンテナンス
(漆、柿渋/古色などの染め仕上げのものは除く)

それではメンテナンス方法を写真をまじえてご説明します。

がしっと歯形をつけてしまったチャイルドスプーン....。
歯形でなくても、長年使いつづけてささくれてしまうケースもあるかと思います。
でも、この程度でしたら簡単にメンテナンスできるのですよ。

まずは5センチ四方程度にカットした 240番程度のサンドペーパー(ホームセンター等で購入可)で、
素地を整え成形します。

全体的には、木目の方向に並行に、
先端/ふち部分は、輪郭にそってペーパーをあててください。
コツとしては親指のハラを使うこと。
最初はちょっとこわいかもしれませんが、だんだん慣れてきます!

→ 見事にささくれがなくなりました!

次に仕上げのオイル磨きです。
お手持ちの食用油(胡桃油、えごま油が最適ですが、なければオリーブオイルでも OK)を少量つけ、
手で全体になじませます。
その後、600番程度の耐水ペーパー(これもホームセンター等で購入可)で、
オイルをなじませながら仕上げ磨きをしていきます。

→ 磨かれ、潤いも得て、また生まれかわりました!


- http://www.mwcworkshop.com/onlineshop/mentenance.html -
  1. 2012/09/04(火)
  2. 桜ん坊まん
  3. [ 編集]
木皿について

■ 使い初めは木の表面が少しかさつくこともございます。

その場合、紙やすり(400番より細かいもの)をかけてオイルをぬることで
またきれいになります。
(オイルは食用のオリーブオイルかお菓子に使うクルミを布で包みつぶして出たオイルをぬります)

■ 彫り仕上げのものはやすりをかけないでください。
 (彫り跡がなくなってしまうため)

■ 使用後は少し早く洗浄し、水滴を拭き取って少し乾燥させてから
しまってください。(水につけっぱなしは避けてください)

■ 食器洗い機・乾燥機等のご使用は油分がなくなるため避けてください。

■ 使う度に食べ物の油分が染込み丈夫になり、色は褐色へと変化していきます。

■ 木は丈夫なものです、小さな心遣いで末長く使って頂くことができます。

■ 木のお皿に天ぷら、野菜炒め、パスタ、焼きたてのパン、、いろんなものをのせておいしい食卓を。


- http://shop.icuralight.com/?mode=f5 -
  1. 2012/09/04(火)
  2. 桜ん坊まん
  3. [ 編集]
続・お手入れの仕方

季節の変わり目に、木のカトラリーのお手入れはいかがですか?

オイル仕上げの木の製品は、気づけば乾燥して白っぽくなっている。表面が、カサカサしている。
少し先がカビてしまった…など、メンテナンスが必要ですね。

用意するものは…
・木のスプーン、お箸など(乾いた状態)
・家庭で使用している、食用のオリーブオイル(植物性のオイル)
・ウェス(油をしみ込ませる布)または、キッチンペーパー
・サンドペーパー(紙やすり)240番くらい
※ カビなどを削り取りたい場合は150番くらい


① 木のスプーンをサンドペーパーで磨く。
② オイルを布やキッチンペーパーにつけて、スプーンに塗る。
③ しばらく置いて、しみ込ませてから、布などで余分なオイルを拭き取る。

これで、完了です!!
メンテナンス後は、買った時のように木に艶がもどり、なんだか心も満たされる感じがしますよ。

夏の紫外線でダメージを受けたお肌をいたわるように…
気がついた時、やってみて下さいね。


- http://tamamoku.exblog.jp/16367530/ -
  1. 2012/09/04(火)
  2. 桜ん坊まん
  3. [ 編集]
器x2に #320 と #400 でサンディングした。

その後、器x2と皿x2にオリーブ油を塗布して、
10分後に余った油分を拭き取った。
明日まで放置して、
そしたらぬるま湯で軽く洗ってやろう。

> 10分後に余った油分を拭き取った。
皿は油分が余ったけれど、
器はまるっきり余らなかった。
かさかさだったもんなあ。

購入時点で一度はオイル塗布してくれてあるらしいが、
他所の木の器屋さんはみな二度掛けてあるって云ってたから
やっぱ一度じゃ足りない。
うちの床(無垢材)ですら二度~三度自然塗料を塗布したもの。
  1. 2012/09/09(日)
  2. |管理人まん
  3. [ 編集]
> その後、器x2と皿x2にオリーブ油を塗布して、
> 10分後に余った油分を拭き取った。
> 明日まで放置して、
> そしたらぬるま湯で軽く洗ってやろう。


槐の木皿(※)などが一部白けて来たので
週末、オイルコーティングをしてやろう。
オイルは荏胡麻油(えごま)が残っているのでそれを使用する \(・∀・)/

http://sakuranbou.blog13.fc2.com/blog-entry-6639.html
  1. 2014/02/21(金)
  2. 桜ん坊まん
  3. [ 編集]
荏胡麻油は全然違うね(これまではオリーブ油を使用)。
しっかり沁みて、
乾いたあとはさらっとしているのに、
ぱつぱつ撥水する \(・∀・)/
  1. 2014/02/23(日)
  2. 桜ん坊まん
  3. [ 編集]

コメントの投稿















゜+.゜ホーム ゜+.゜